忍者ブログ

あつひめの言いたい放題

お勧めのものや思ったことなど、 日々のつれづれをつづったブログです。




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





若いころは宝塚に通っているというくらい、その舞台を見ていましたが

最近は演目が気になるもののときだけしか行っていません。



でも、今回は珍しくぽっかり予定があいたので、久し振りに

見に行きました(*^^)v 今、東京で上演しているのは、雪組です。




いつもは最初にお芝居があって、2本目にレビュー(ショー)が

あるのに、今回は逆。しかも、なんだかあっさり終わってしまって

物足りない感じでした。普段はミュージカルが好きだけど、宝塚に

行くときはレビューが楽しみなので、これは残念だなと思っていました。




でも、2本目のお芝居が終わった後にもショー場面があって、

そこでロケットもあったので、良かったかなという感じです^^




はじめはイマイチかと思いながら見ていたお芝居も、知らないうちに

引きこまれて、涙する場面まであり、なかなかの好印象。主演の水

夏希さんはすらりと背が高くて、なかなか華がありました♪




しばらく見ていなくても、宝塚には、一度見始めると次がまた見たく

なるという不思議な魔力があります。やっぱり、スカーレット・ピン

パーネルも見ておけばよかったな、とちょっと残念に思ってしまいました。




PR




伝説のシェイクスピア俳優といわれるエドマンド・キーンを描いた

「キーン」に行ってきました。



主演の市村さんは、蜷川さんのシェイクスピアにずっと

出ているだけあって、お手のものといった感じの演技で

安心して見ていられます。



女遊びが激しかったといわれるキーンですが、登場する女性は

たった二人。高橋恵子さんは気取ったエレナを演じているけれど

もったいぶっている感じで、感情の機微が表現できませんね。




その点、須藤さんは台詞もぱきぱきして、当時こんな女性が

いたとは驚きなくらい、気持ちがいいほどストレート。

役柄の違いもあるだろうけど、好感がもてました(*^^)v




終演後は、e+の抽選にあたったので、バックステージツアーに参加。

実際のセットの裏側を見せてもらい、舞台にあがって意外と客席に

近いのを実感したり、舞台監督さんの話を聞いたりして、とても

面白かったです^^








久々にミュージカルを観てきました。

父の入院以来、極力スケジュールを入れないようにしていたので

いつもは月に2回はいっていた劇場からも足が遠のいていたのです。



今日観たのは、「アプローズ」

初演は越路吹雪さんですし、前回の舞台からも26年ぶりとか!

一緒に行った友人は26年前の舞台を見ていたので、しきりに

懐かしがっていました^^;




わたしはタイトルを知っていただけで初めて観たのですが、

なんとなく古臭い印象がいなめません。作品が古いからなのか

演出とか出演者のせいなのか… 音楽のせいという気もします。




主演の前田美波里さんは、さすがの貫禄です。

堂々たるスターぶりで、この役にぴったりな感じですね。

わがままかどうかは別にして。でも、26年前にも同じ役を

していたのですから、当時はきっと頑張って演じていたの

だろうなと思いました。




相手役の貴城けいさんは、美人で姿もよいけれど、

台詞がまるで宝塚。退団してからしばらくたつと思うのですが

芝居がくさすぎて、いただけません。わざとらしい感じが

周りにも伝染してしまいます。外でやっていくなら、もう少し

変えていかないと、辛いだろうと思ってしまいました。




作品のストーリーとしては、名声や栄光よりも大切なことに

気が付いていく主人公を描いていて、そこはいいと思うのですが

なんだかいまひとつ満足できなねる舞台だったのが残念です。




プロフィール

HN:
あつひめ
性別:
女性
趣味:
観劇、読書、手芸、翻訳
自己紹介:
好奇心いっぱいで、食べることが大好きな辛口難病女子です。
美しくしなやかに生きることが目標♪

powered by 似顔絵イラストメーカー

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH