忍者ブログ

あつひめの言いたい放題

お勧めのものや思ったことなど、 日々のつれづれをつづったブログです。




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ミュージカル「デュエット」の初日、見てきました(^O^)/

レ・ミゼラブルやマイ・フェア・レディで主役をつとめた

石井一孝さんと劇団四季退団後、初の復帰作となる保坂知寿

さんの二人芝居。




作曲家と作詞家の男女のラブ・ストーリーが展開し、

ミュージカルというよりは音楽つきの芝居という印象の舞台でした。




のっけから自分のかかっている精神分析医の話が出たりして、

いかにもアメリカという感じ! 芝居の作りとしては、少し前の

時代の雰囲気で、ちょっぴり懐かしい気もします。




思わず笑ってしまうところも随所にあって、堅苦しいことを

抜きに楽しめます。テンポもいいし、というか保坂さんの

テンポは少し速すぎかも… あれほどたたみかけるように

話さなくても、と思いましたが、彼女の持ち味でもあるから

仕方ないのかしら?




舞台には、巨大なグランドピアノを模したセットがでんと置かれて、

その正面が部屋、左側面がピアノの鍵盤、右は場面によっては車に

なるという面白い造り。ただし、このピアノの鍵盤の上を歩いたり

座ったりするのには閉口しました。




実際にピアノを演奏する身としては、鍵盤は大袈裟にいうとどこか

神聖なものであって、あれはやめてほしいです。装置と演出の人は

音楽に思い入れがないのでしょうね。そうでなければ、できないはず。

鍵盤の上を歩いたり踊ったりするのを最初に見たときには、正直いって

ぎょっとしました。「うゎ~、やめて!!!」という感じです。

役者さんも抵抗があるのではないかしら。




鍵盤の上でなく、その前を歩くのなら全然気にならないのに、

変なものですね。人間の心理って。



ミュージカル「デュエット」は、日比谷のシアタークリエで、

7月27日まで上演しています。






にほんブログ村 スイーツブログへ ←お願いします。

にほんブログ村 OL日記ブログへ ←どうぞよろしく!

にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ ←応援~

PR
プロフィール

HN:
あつひめ
性別:
女性
趣味:
観劇、読書、手芸、翻訳
自己紹介:
好奇心いっぱいで、食べることが大好きな辛口難病女子です。
美しくしなやかに生きることが目標♪

powered by 似顔絵イラストメーカー

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH