忍者ブログ

あつひめの言いたい放題

お勧めのものや思ったことなど、 日々のつれづれをつづったブログです。




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[ミュージカル] ブログ村キーワード

「ミス・サイゴン」をこの前観たのはいつだったか

忘れたくらい、再演を見ていませんでした。

初演とその次くらいは見たのですが、

しばらくご無沙汰だったのです。



なにしろ、わたしは特定の俳優さんのファンではないし、

ミュージカルでもオペラでも、作品自体、もっといえば

音楽に興味の大半があるので、ひとつの作品を何度も

観ることはほとんどありません。



そうこうする間に配役は大きく変わり、伝説の本田美奈子さんは

残念ながら亡くなってしまい、同じなのは、エンジニアの

市村さんくらいでしょうか。



行く前は、それも新鮮でいいかも、と思っていたのですが

正直いって、ちょっとがっかりでした。



主役の二人、知念さんと原田さん、が良くないんです。

一応歌えるんだけれど、全然感情が伴わないし、知念さんは

きんきんした声でもうやめて~って思ってしまいました(><)



反対に、エレン役のシルビア・グラブさんは、さすがに上手!

しっとりした歌声で聞かせます。やはり、持っている声が

良い上に、技量もある人は違いますね。




以前は、オペラの「蝶々夫人」を下敷きにしていると聞いても

あまりぴんとこなかったのですが、今回は、アジアの人に対する

西洋人の偏見、戦争が生んだともいえる混血児の悲劇などが

胸に迫ってきました。スクリーンで子供たちを映し出した演出の

せいでしょうか。それにしても子供を「ごみくず」というのは

聞いていても抵抗がありましたけど…




初演の方がエネルギーにあふれていて、出演者もよかったと

思うのは、こちらの印象のせいなのか、あるいは、その間に

たくさんの舞台を見たせいで、こちらが要求する基準が上がって

しまったのか(これは、最近よく感じることです)わかりませんが

もっと上手な主役で見たかったなというのが今回の感想でした。











PR
プロフィール

HN:
あつひめ
性別:
女性
趣味:
観劇、読書、手芸、翻訳
自己紹介:
好奇心いっぱいで、食べることが大好きな辛口難病女子です。
美しくしなやかに生きることが目標♪

powered by 似顔絵イラストメーカー

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH