忍者ブログ

あつひめの言いたい放題

お勧めのものや思ったことなど、 日々のつれづれをつづったブログです。




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





今日は、母と歌舞伎を観てきました。すごく久し振りです^_^;

行くまでは演目も知らなかったのですが、今月は昼夜とも、

珍しい演目ばかり! 有名なのは1つだけという珍しい月でした。



そして、昼の部は「新薄雪物語」と「俄獅子」。

どちらも初めて観たのですが、いつも知っているものばかりより

いいですね。「新薄雪物語」は親が子を思う心情が痛ましい

ストーリーです。途中で、さまざまなタテが入って、これが

なかなか面白かったです。中でも、花道に一列に寝た奴が

組み体操みたいに順々に起きていくのは、圧巻!

とても大変なのが、見ていてもよくわかりました。



「俄獅子」は、頭に獅子の毛をかぶって振る鏡獅子などとは違い、

「石橋」の原型に近いものだそうで、手に獅子舞のようなもの

(といっても獅子頭の代わりに扇ですが)を持って舞います。

前の演目が暗いストーリーだっただけに、こちらはお祭り気分で

明るく終わるのがいいですね(*^_^*)



今回は幸四朗と吉右衛門の兄弟共演を、久々に観ました。

二人とも渋くて、なかなか良かったです。夜の公演だと

仁左衛門も出ていたので、ちょっとそれが残念でしたが…



行く前は、席の番号から見て、花道と桟敷席の間だから

見にくいかと心配していたのですが、花道のすぐ隣だったので

視線をさえぎるものがなくて、とっても見やすかったです(*^^)v




それにしても、歌舞伎座は他の劇場と違って、華やかな雰囲気が

いいですね。観劇を特別なことのような気分にさせてくれます♪







にほんブログ村 スイーツブログへ ←お願いします。

にほんブログ村 OL日記ブログへ ←どうぞよろしく!

にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ ←応援~

PR
プロフィール

HN:
あつひめ
性別:
女性
趣味:
観劇、読書、手芸、翻訳
自己紹介:
好奇心いっぱいで、食べることが大好きな辛口難病女子です。
美しくしなやかに生きることが目標♪

powered by 似顔絵イラストメーカー

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH