忍者ブログ

あつひめの言いたい放題

お勧めのものや思ったことなど、 日々のつれづれをつづったブログです。




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





一作目がとても面白かったので、ひさしぶりに映画館へ

出かけました。お目当ては、「ナルニア国物語」



ファンタジーの古典ともいえるこの作品、映画化するには

とても大がかりなロケとCGIなど、大変だっただろうけど

その分、見ごたえ十分な作品になっています(*^^)v



最初の地下鉄のシーンを見た途端に、「あ~、イギリスだわ!」と

もうすっかり、外国にいる感じになりました(^^ゞ

昔の城や兵隊の甲冑など、やはり日本ではできない、本物感が

漂っていました。



前回にも増して魅力的だったのが、スーザン役の

アナ・ポップルウェル。

なんともいえない初々しいお色気が出てきましたね。



それに対して、カスピアン王子のベン・バーンズは

物足りませんでした。

ルックスはいいけれど、歯がゆい印象(><)

演技がいまいちというのと役柄のせいなのでしょうね。



今回は戦いのシーンがやたらと多くて、あまりわたしの好みでは

ありませんでした。実は、原作を読んだことがないので、続きが

どうなっていくのか知らないのですが、もっと夢のある話が

復活するといいのにな、と願っています。






それにしても、最後のクレジットをじっくり見ていたら、

ロケ地がニュージーランドにはじまって、スロバニアや

ポーランドなど、覚えきれないくらい色々な国で撮って

いるんですね。あの中世の感じは、東欧だからこそ出せたのだと

改めて感心したのでした(*^_^*)




やっぱり、原作が読みたくなりまってしまいました♪


    

   カスピアン王子のつのぶえ









にほんブログ村 スイーツブログへ ←お願いします。

にほんブログ村 OL日記ブログへ ←どうぞよろしく!

にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ ←応援~


PR
プロフィール

HN:
あつひめ
性別:
女性
趣味:
観劇、読書、手芸、翻訳
自己紹介:
好奇心いっぱいで、食べることが大好きな辛口難病女子です。
美しくしなやかに生きることが目標♪

powered by 似顔絵イラストメーカー

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH