忍者ブログ

あつひめの言いたい放題

お勧めのものや思ったことなど、 日々のつれづれをつづったブログです。




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ブロードウェイ・ガラ・コンサートに行きました。

昨年に続いて2回目ですが、今年の方が出演者が多くて

ガラコンの雰囲気がよく出ていましたね(*^^)v




まずは、一時すたれていたミュージカル映画が近年、

また作られるようになったとのことで、ミュージカル映画

からの曲をひとしきり。



最近映画化された作品は、ヘアスプレー、ドリームガールズ、

レントなど、いわゆる王道ミュージカルでないものが多い

ためか、歌だけ取り出すと、全然ミュージカルっぽくないんです(><)



わたしはもともとがクラシックの人間なので、ミュージカルも

クラシカルな作品が好きです。そのためか、聞いていても、

全然のれませんでした。



そのうち曲目が、「サウンド・オブ・ミュージック」や

「ウエストサイド物語」、「シカゴ」などの、いわゆる

ミュージカルらしいものになっていっても、歌だけでは

いまいち楽しめません。これは、わたしだけかもしれませんが…



そして、「レ・ミゼラブル」や「モーツァルト」、「ミス

サイゴン」といった、シェーンベルクものへと移ったとき、

あれっと思いました。



曲の奥深さが全然違うんです。

これまではどこか、ポップスっぽい感じがしていたのに

急にドラマチックになりました!!



芝居がついていなくても、一曲だけで情景がうかんで

くるような感じ(^O^)/



すごいな~、と改めて感心してしまいました。

シェーンベルクさんは、言わずと知れた、20世紀を代表する

作曲家、アルノルト・シェーンベルクの甥ごさんなんです。



やはり、音楽の才能が遺伝しているのでしょうか。

それとも、根底にクラシックがあるから、曲の作り方が違う

のか… 真相はわかりませんが、感動を与える度合いが

これほど違うとは、驚きでした。



そしてもう一つ。歌謡曲やポップス出身の方は、もともと

ミュージカル俳優の方に比べると、発声法が違うので、

やはり歌が平坦ですね(><)



このガラコンは、次世代のミュージカルスターの育成という

意味もあって、公開オーディションが行われます。



今年は、歌が抜群に上手だった人が選ばれて、一年間、

ブロードウェイでレッスンを受けられることになりました。

将来、どのようなミュージカル女優さんになってくれるのか

楽しみです♪





にほんブログ村 スイーツブログへ ←お願いします。

にほんブログ村 OL日記ブログへ ←どうぞよろしく!

にほんブログ村 演劇ブログ ミュージカルへ ←応援~






PR
 
この記事にコメントする
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事に関するコメント

プロフィール

HN:
あつひめ
性別:
女性
趣味:
観劇、読書、手芸、翻訳
自己紹介:
好奇心いっぱいで、食べることが大好きな辛口難病女子です。
美しくしなやかに生きることが目標♪

powered by 似顔絵イラストメーカー

OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH